MOS受験失敗談
■2011.08.03 Wednesday■ by:れな先生 
皆さんこんにちは、れな先生です


今回は私のMOS受験失敗談をお話しさせて頂きます。
青春の苦い思い出なので(笑)ちょっと恥ずかしいのですが、
MOS合格に向けて励んでおられる皆さんに、MOS合格後の事も見越して、
ぜひ伝えたいと思い掲載することにしました。
温かい目で見て頂けたら幸いです。


私が初めてMicrosoftの試験を受けたのは8年前。
試験の名称がMOSではなくMOUSと呼ばれていた時代で、
受験科目はExcel2002スペシャリストでした。

スペシャリストの内容は普段使うような操作が多く、
当時パソコンの専門学校に通っていた私は、割と簡単に合格することが出来ました。
「なぁんだ。国際的な資格とか言って大した内容じゃないんだなぁ」
というのが当時の感想。
完全にナメており、その考えが間違っていることに気付かず、
完全に天狗になっていました。


調子に乗った私は、その流れでエキスパートも取得しようと思い、
無謀にも2週間後に受験日を設定したのです。
いざ学習を初めてみると、スペシャリストとは違い
「こんな機能見た事も無いし、覚えても実際使う事あるの?」という内容ばかり。
でも、既に申し込みをしてしまったので、学習できるのは2週間だけ。
ここでしっかり学習して、理解していれば良かったのですが、
若気の至りと言いますか…まだ十代だった私は先のことも考えず

「意味はよくわかんないけど、解き方覚えたら合格できるし。
履歴書に書けたらそれでいいもん」

という、一番最悪な方法で学習を進めてしまいました。
この考えが私の大きな失敗だったんです。

意味も理解しないまま挑んだ試験結果は惨敗でした
解き方を覚えたところで、本当の機能の意味を理解していなければ応用問題や
引っかけ問題に対応できるわけがありません

準備不足もあり、試験結果画面にはハッキリと「不合格」の文字が。
天狗になっていた私の鼻は見事にへし折られたわけです。


でも今となってはここで不合格になって良かったんだと思います。
意味も理解せず解き方だけを覚えて合格をしてしまうと、
結局何も身に付かなかったと思います。


実際に合格した方の中には解き方だけを覚えてしまう方もいらっしゃいます。
ただ、このような学習で合格された方は「MOSは取得しても役に立たない」などと
仰ったりされますが、役に立たないような学習しかしなかったから
役に立たないのであって、MOSの範囲をしっかりと「理解して」
学習すれば実務で役に立つ知識や技術が身に付く資格なんです。


実は、私がその事に気づいたのは、就職をしてからでした。
エキスパートが不合格になった私は、心機一転「受かる為の勉強」ではなく
理解する為の勉強」を始めました。
1つ1つの機能がどういった場合に使うものなのか、
何のために用意されているのかを考えながら学習し、
結果、合格することが出来ました。


MOSの真価が問われるのは就職してからです。
まず、同期の人とのofficeスキルが明らかに違うのです。
みなさん、基本的な操作は出来ますが、MOS試験に出題されるような
深い内容まで知っている方は少なく、
ほとんどの方がWordやExcelの使い方から覚え始めました。
私はそれらの内容は全て知っていたので、いきなり仕事の仕方から
覚え始めることができたのです。
これが「パソコンが使える」と「資格を取得している」の違いなんだなぁ。
と実感した瞬間でした。
MOSを学習したことで、みごと、スタートダッシュをかけることが出来たのです。
さらに「こんな機能実際に使うの?」と思っていたエキスパートの内容。
これが実務になると結構使うのです。
というよりも、「使うと効率が良い」と言った方が正しいかもしれません。
今になって思えば、仕事を効率化するためのソフトなのだから当たり前ですね。


私が今こうして、皆さんにMOSの資格対策講座を教えることが出来るようになったのは
「理解するための勉強」をしたからだと思っています。


だから私はハロー!パソコン教室の皆さんには「理解して」合格して貰いたい!
という思いで講座を制作しています。
今から就職・転職をする方、既にお仕事で使っている方、
私と同じ失敗をしないようにしっかりと身に付く学習をするようにしてくださいね。
私も講座を通じて一生懸命サポートします。一緒に頑張りましょう

MOS Excel 2010 対策講座 裏話2
■2011.07.27 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

今回は、前回に引き続き、MOS Excel2010 spの制作裏話をしたいと思います。
前回紹介した、緑色のボタンの他に、Excelな場所は見つかりましたか?

ボタンの他に、3つのこだわりがあるんですよ。

1つ目は「シュシュ(髪飾り)」これは気づいている人も多かったかもしれませんね。
このシュシュ。実は手作りなんですよ〜。
本当はお店に買いに行ったのですが、こんなにもハッキリした緑色のシュシュはお店に売って無かった 

よく考えたらそうですよね。こんな色のシュシュを普通につけている人見たことないし(笑)
という事で、無いなら作ってしまえ!と張り切って手作り。シュシュを作ったのはこれが初めてだったのですが、なかなか上手に出来ていると思いませんか?
 
布の状態から、こんなシュシュになりました(^^)

そして、2つ目は「イヤリング」
講座の画面では小さくて見えにくいかもしれませんが、実はExcelの「E」の形をしているんですよ。
これは、もともとジッパーチャームとして売られていたものを、イヤリングに改造しました。

最後に3つ目「メイク」
画面上では意外と分かりにくかったかも知れませんが…
実はお化粧も緑色のものを使っていました。気づきましたか?

このように、今回の講座には、少し遊び要素を加えてみました
現在学習中の方、これから学習する方、ぜひ意識して見てみてくださいね。

MOS Excel 2010 対策講座 裏話
■2011.07.20 Wednesday■ by:れな先生 
みなさんこんにちは。れな先生です

毎日暑くて、冷たいものが欲しくなりますね。
私は昨日の夕飯に、カニかまと卵で冷たい寒天寄せを作りました。
見た目も涼しげで食欲のない夏にぴったりです

さて、皆さん、6月にリリースされたMOSExcel2010試験対策講座は
もう受講して頂けましたか?
今回は、MOSExcel対策講座の裏話を紹介しちゃいます

MOSExcel対策講座を受講した方はお気づきかもしれませんが、
今回の講座の衣装にはこだわりがあるんです!
ところどころにExcel色の緑色を使っているんですよ

たとえば、シャツのボタンはエクセル色の緑になっているんです
気づきましたか?



当然緑色のボタンのついたシャツが既製品で売っている訳もなく私が1つ1つ手縫いでボタンを付けました(笑)
第一回目のブログで裁縫をしている写真を載せましたが、
その写真はこのボタンを縫っている写真だったんですよ

ボタンはマットなボタンと光沢のあるボタンの2種類用意。
まだ講座を受講中の方は、よーく見てみてくださいね


他にもこだわりの小道具があるのですが、それはまた来週のブログで
ご紹介したいと思います
どこがエクセル色なのか、来週までに探してみてくださいね


ショートカットキーで効率UP(エクセル編)
■2011.07.13 Wednesday■ by:れな先生 
 みなさん、こんにちは。れな先生です

梅雨明けしてから猛暑が続きますね。夏バテなどしていませんか?

さて、今回は前回に引き続き、ショートカットキーをご紹介したいと思います。
今回はエクセル編ということで、エクセルでよく使う機能のショートカットキーを紹介しますよ

MOSの試験でも使う機会の多い「セルの書式設定」や「関数の挿入ダイアログボックス」を表示させるショートカットキーをマスターしておけば、試験の時に役立つこと間違いなしです。

もちろん、通常業務でエクセルを使っている人にもオススメですよ

●エクセルでよく使うショートカットキー一覧


ショートカットキー
機能
Shift + F3
関数の挿入ダイアログボックスの表示
Ctrl + 1
セルの書式設定ダイアログボックスの表示
(テンキー不可)
Shift + Alt + =
SUM関数の挿入
F4
相対・絶対・複合参照の切り替え
(数式編集時)
Ctrl + D
上のセルのコピー&ペースト
Ctrl + *
データが入力されている範囲を選択
(テンキーを使わない場合はCtrl + Shift + * )
Ctrl + ↑↓←→
データの途切れるセルまでの選択

今回ご紹介したショートカットキー以外にも、エクセルで使えるショートカットキーはたくさんありますが、とりあえず上記のショートカットキーを覚える事からはじめてみてください。

覚える前と覚えた後の、作業の速さの違いにびっくりしますよ
ぜひ、覚えてくださいね

ショートカットキーで効率アップ
■2011.07.06 Wednesday■ by:れな先生 


みなさんこんにちは。れな先生です。

毎日暑くて夏本番、と言った感じですね。夏といえば夏祭り。京都ではもうすぐ祇園祭が始まるそうです。私は初めての祇園祭なので今からワクワクしています(^^)


さて、今回は、覚えておくと便利なショートカットキーをご紹介します。

ショートカットキーを使用するとリボンから操作するよりずっと効率が良くなります。

50分という制限時間のあるMOS試験では強い味方になること間違いなしですよ。


今回ご紹介するショートカットキーはワード・エクセル・パワーポイント・アクセスで共通で使えるショートカットキーです。それぞれのソフトを受験する方はもちろん、Office Masterを目指す人も必見ですよ。


しっかり覚えて試験にのぞみましょう!


●よく使うショートカットキー

タスク
ショートカットキー
覚え方
元に戻す
Ctrl + z
良く使うのでCtrlキーに
一番近いzのキー
切り取り
Ctrl + x
ハサミの形
コピー
Ctrl + c
Copy(コピー)の頭文字
ペースト(貼り付け)
Ctrl + v
ステープラ
(ホッチキス)の形
新規作成
Ctrl + n
New(新規)の頭文字
開く
Ctrl + o
Open(開く)の頭文字
印刷
Ctrl + p
Print(印刷)の頭文字
ハイパーリンク
Ctrl + k
関連付け(kanren)のK
検索
Ctrl + f
Find(探す)の頭文字


ショートカットキーは意識して使う事で自然と身に付きます。まずは使ってみることから始めて下さいね。


MOS資格取得でこんなに変わる!業務効率!
■2011.06.29 Wednesday■ by:れな先生 
みなさんこんにちは

じめじめして蒸し暑い日が続きますね。


さて、今回は、前回に引き続きMOSを取得すると何の役に立つの?
という質問にお答えしたいと思います。

今回は「業務効率編」です。現在お仕事でパソコンを使っている人必見ですよ

今回も、私が担当しているMicrosoft Office Specialis講座の中から
一部抜粋してご紹介しますので、下の動画をご覧ください。
※前回の「就職活動編」はこちら

○業務効率編





あなたも、MOSを取得して、魅力ある人材になってみませんか?

次のA子さんはあなたです!

MOS資格取得でこんなに変わる!就職活動!
■2011.06.22 Wednesday■ by:れな先生 
皆さんこんにちは
最近寒暖の差が激しいですね。体調など崩していませんか?

さて、前回のブログでは「MOSとはどんな資格なのか」をご紹介しましたので、今回は、皆様から寄せられる質問でよく聞く「MOSを取得したら何の役に立つの?」という質問にお答えしたいと思います。

私が担当しているMicrosoft Office Specialist講座の中から一部抜粋してご紹介しますので、下の動画をご覧ください。


○就職活動編






動画のような魅力ある人になれると思うとわくわくしますね!
次はあなたの番です!

次回は、既にお仕事でパソコンを利用している人の為の「業務効率編」をお届けする予定です
お楽しみに

MOSってどんな資格?
■2011.06.16 Thursday■ by:れな先生 

みなさん、こんにちは。ジメジメしたお天気が続きますねぇ・・・
京都では、梅雨空からとうとう雨が降り出してきました

さて、今日は私がハロー!パソコン教室で合格対策講座を担当している
MOSって一体どんな資格なのか、ちょっとご紹介したいと思います

MOSとはMicrosoft Office Specialistの略で、
その名前の通り、Microsoft社がWordやExcelなどのOfficeソフトの操作スキルを
認定する資格です。

日本でも知名度、人気ともに高い資格の一つで、国内のマイクロソフト オフィス
 スペシャリスト(MOS)の累計受験者数は、270万人を超えています。

 ■Microsoft Office Specialist 試験事務局の紹介記事
  http://mos.odyssey-com.co.jp/about/data.html

さらに、日本だけではなく、世界約200ヵ国で同じ基準で実施されているので、
国際的にもスキルを証明できるのも大きなポイントですね。

でも、MOSの魅力はそれだけじゃないんです・・・



ところで、パソコンの資格試験といっても、さまざまな資格試験がありますよね。

例えば、ワード1つとっても、日商PC主催の文書作成や、サーティファイ主催の
Word文書処理技能認定試験など多種多様な資格があります。
これらの資格は、は「文書作成能力が身につく」資格試験です。企画書類、プレゼン
テーション資料の作成能力を身に着けたい人に向いている資格なんですね。


これに対して、MOSはワードやエクセル、パワーポイント、アクセス等、
「Microsoft Officeのさまざまな機能をどれだけ使いこなせるか」を問う資格試験です。

実は、MOSの本当の魅力はこの部分にあるんですね。

ワードやエクセルにはたくさんの便利な機能が用意されていて、こうした機能を上手に
使っていくことで、同じことをするのにも作業時間や手間に大きな差ができてしまいます。

これが仕事であれば“業務効率”に大きく影響するということになりますね。

例えば、同じ作業をするのに、WordやExcelの使い方を知っている人と知らない人では
作業に費やす時間が、数倍、ひどい時には数十倍の差がということも、少なくありません。

同じ作業をするのに、30分で終わる人と3時間かかる人、どちらが企業から見て
人材として魅力的か?答えは言うまでもありませんよね。

ちなみに、
「知らない」ことで、どれだけ業務効率が変わってくるのかを検証したページがあるので
こちらをご覧ください。


つまり、MOSの資格を取得する事は、世界約200ヵ国で通用するITスキルの証明書を手に
するだけでなく、業務で頻繁に使用するWord、Excel、PowerPoint、AccessなどのOffice
ソフトの様々な機能を使いこなして、業務を効率よく推進する能力を持った人材になれる
ということを意味しているんですね。

簡単に言うと、「デキる人になれる!」って事ですね!

同じ作業をしていても、効率よく素早くスマートに処理が出来る人って正直言ってカッコイイんです。
あなたも、MOS資格を取得して、カッコよくて魅力のある人材になってみませんか?


Word?Excel?どの講座の準備でしょう?
■2011.06.10 Friday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは

ハロー!パソコン教室MOS2010合格対策講座、担当のれな先生です。

MOSはマイクロソフト社公認のユーザースキル認定資格で、
ワールドワイドなMicrosoft Office製品のスキルを証明してくれる資格です。

私と一緒にMOS合格目指してがんばりましょうね

というわけで、
私は今MOS合格対策講座の第一弾の制作の真っ最中です。

MOS2010合格対策講座の先陣をきってリリースする第一弾の講座は

もちろん・・・

ハっ!!!!

おっと、企業秘密というやつで、リリースするまでは上司から口止めを
されているのを忘れて口を滑らせてしまうところでした

でも、言いたい。。。

どうしよう。。。

きゃー、ダメだ。あの、鬼のような形相で詰められると思うと言えない。

でも、まあ、ヒントぐらいならいいですよね。。。(勝手に(笑))

下の写真にMOS合格対策講座の第一弾は何をやるかのヒントが隠れています。
ちなみに、写真は講義の際に着る衣装にちょっとひと工夫するために、
自分のデスクで、大得意のお裁縫をしているところです。
ヒントは、その衣装の細工にあります。よーく見てくださいネ

 

これ以上書くと、鬼上司が・・・
そんなわけで、皆さんのMOS合格を目指して、日本一わかりやすくて
合格力が身につく講座の開発目指して毎日奮闘中です!!

MOS合格対策講座の第一弾は、果たしてWordかExcelか、それとも
PowerPointか・・・
講座リリースまで今しばらくお待ちくださいね

皆さんと講座でお会いできるのが待ち遠しくて、ドキドキワクワクです

これから、このブログをちょこちょこ更新していきますので、
お付き合いいただけたら、とても嬉しいです

よろしくお願いします



        

最新の記事

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ハロー!パソコン教室公式サイト

ハロー!パソコン教室 FC本部

東京エクセル物語

ドラマで学ぶExcelの関数
れな先生出演の無料エクセル解説動画も見れるよ! 東京エクセル物語 -私の心の中の関数

れな先生のTwitter

archives

最新のコメント

  • ワードアートのサイズを自由に変更する方法
    はは
  • ワードアートのサイズを自由に変更する方法
    t1122
  • かっこ()の形が自動調整されるのを防ぐ方法
    うなぎ
  • Excelの行や列を簡単に入れ替える裏技
    ねこ
  • 「グラフ」と「図形やテキストボックス」を合体させるワザ
    タカ
  • 空き瓶リメイク♪
    トキムンダ
  • PowerPointで本格的なイラスト作成
    よくある木
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    れな先生
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    チャランコ
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    れな先生

リンク

れな先生のプロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode