PowerPointのスポイト機能が便利!
■2013.06.12 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

PowerPoint2013では、新たに「スポイト」という機能が追加され、文字や図形、写真などあらゆるものから色を抽出することが出来るようになりました。



例えば、図形を文字と同じ色で塗りつぶしたい場合、文字に使用している色が分からなければ全く同じ色を作成するのは難しいですよね。

そんな時にスポイトを使うと、スライド上の色を簡単に抽出することが出来ます。



塗りつぶしを設定したい図形を選択してスポイトをクリックすると、マウスポインターの形がスポイトの形に変わり、右上に四角形が表示されます。

そのままマウスポインターで任意の色の上をポイントすると、四角形内に抽出する色が表示されます。



あとは、任意の色の上でクリックをするだけで、簡単に同じ色に設定することが出来ますよ。



色は、挿入した図形や写真等からも抽出することができます。
微妙なニュアンスの色を設定したい時などに利用すると便利ですね! 

コメント
スポイト機能は、2013より前からある機能ですが、どの辺りが新しく進化したのでしょうか?
  • kana
  • 2015/02/12 12:53 PM
kanaさん、こんにちは(^^)

スポイト機能は、PowerPoint2010以前ではカラーパレットの一覧に表示されていませんでしたが、PowerPoint2013では、カラーパレットの一覧に表示され、利用できるようになりました。
(記事の上から2つ目の画像です)

似たような機能で「書式のコピー/貼り付け」というものがありますが、これは、設定されている書式がすべてコピーされる機能ですので、色を抽出する「スポイト」とは別の機能になります。
  • れな先生
  • 2015/02/12 1:17 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

        

最新の記事

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ハロー!パソコン教室公式サイト

ハロー!パソコン教室 FC本部

東京エクセル物語

ドラマで学ぶExcelの関数
れな先生出演の無料エクセル解説動画も見れるよ! 東京エクセル物語 -私の心の中の関数

れな先生のTwitter

archives

最新のコメント

  • 「グラフ」と「図形やテキストボックス」を合体させるワザ
    New Yeezy V2
  • 複数セルに一気に文字を入力する方法
    fitflop sale
  • ちょっと便利な再変換の方法
    nike air vapormax
  • よく使う機能を集めて作業効率大幅UP↑↑ リボンにオリジナルのタブを作成する方法
    curry shoes
  • Excelの元データ非表示でグラフが真っ白に!?
    kate spade
  • 合格祈願の軌跡
    kate spade
  • Excelの折れ線グラフを滑らかにする方法
    lebron shoes
  • 「タブとリーダーダイアログボックス」を簡単に表示する方法
    louboutin shoes
  • オートフィルタで抽出した値だけを計算する技
    kate spade
  • Wordで使えるブロック選択
    longchamp bag

リンク

れな先生のプロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode