IF関数であいまいな条件を指定する
■2014.10.20 Monday■ by:れな先生 
皆さん、こんにちは。れな先生です 

今回は、IF関数であいまいな条件を指定する方法をご紹介します。
IF関数を使っていると、下の表のような「あいまいな条件を指定したい」という場面が出てくることがあります。
みなさん、このような場合、どのようにすればいいかわかりますか?



住所が「京都府」のものには「○」、それ以外は「空欄」を表示させたい。というような場合、IF関数の論理式に
「B3=”京都府”」
と入力してしまうと、住所が「京都府」というデータだけを対象にするため「京都府○○▲▲」といったように、住所に続きがあるものは対象外となってしまい、失敗してしまいます。


このようなあいまいな条件を指定する時には「ワイルドカード」というものを使います。
 

ワイルドカードの種類
種類 内容
 *(アスタリスク) このワイルドカードが入力されている場所は何が入力されていてもOK
例)第*回→ ○:第1回,第10回,第100回
 ?(クエスチョン) 「*」と同じだが、1文字限定
例)第?回→ ○:第1回,第9回 ×:第10回,第100回
もし、2桁のものだけを探したい場合は「第??回」とすることで可能
 ~(チルダ) 「*」や「?」のマーク自体を検索したい場合、前に「~」を入力すれば検索できる

任意の1文字だけを指定したい場合は、「?」を使用しますが、おそらく、文字数の指定をしない「*」の方が利用する機会が多いのではないでしょうか?
今回も、「京都府」に続く文字列は住所によって文字数が異なるので「*」を使って求めます。
 

ワイルドカードの位置
条件 *の位置
 京都府から始まる  "京都府*"
 京都府で終わる  "*京都府"
 京都府を含む  "*京都府*"

ワイルドカードは、あいまい検索をしたい文字列の前後に入力します。
ワイルドカードを入力する位置によって条件が変わりますよ。
今回の表の場合、京都府から始まるものを検索すればいいので、今回は

"京都府*"

となります。「*」が後ろについているので、京都府の後ろはなんでもOK。という条件になるんですよ。

さて、そこで「=IF(B3="京都府*","○","")」と数式を入力したいところですが、このままでは
「”京都府*”」が文字列として扱われてしまい、うまくいきません。

そこで「COUNTIF」関数を挟みます。
「COUNTIF関数」は、指定した条件に合っていれば「1」そうでなければ「0」を返す関数です。
たとえば「=COUNTIF(B3,"京都府*")」とすると、セルB3に京都府が含まれていれば「1」、含まれていなければ「0」を表示します。
IF関数では、「1」は「真の場合(TRUE)」、「2」は「偽の場合(FALSE)」として扱われるので、
「=IF(COUNTIF(B3,"京都府*"),"○","")」とすると、あいまいな検索を行うことができます。

ちょっと応用が必要ですが、ワイルドカードを使うことで、IF関数で求められる結果の幅がぐーんとUPします。
ワイルドカードの使い方を覚えておくと、他の人と差を付けられること間違いなしですよ! きらきら


ちなみに、ワイルドカードは、すべての関数で利用することができるので、IF関数以外の関数にも利用することができます。
今回は最も使う機会の多いIF関数で解説をしましたが、別の関数でも利用することができるので色々な場面で使ってみてくださいね 

コメント
ブログ講座を修了して、本日よりエクセル講座を受講していますが、1つ1つの説明が丁寧で聞き入ってしまうことがあります。エクセルはもともと独学でやってきましたが、まだまだ機能的に短縮できそうなことも多く学ばせていただいています。
次週以降はMOS資格取得のためにまだまだやらないといけないことがありますが、しっかりと癒される講義を聴きながらマスターしていきたいと思います。
のあゆしさん、こんにちは(^_^)
嬉しいコメントありがとうございます!

Excelは業務効率アップにつながる便利な機能がたくさんあるので、ぜひマスターして今まで以上に活用してください!
MOSはいろいろな機能をおぼえるには最適な講座ですよ!
頑張ってくださいね(^_^)
  • れな先生
  • 2014/12/05 10:43 PM
これ、通用しないですよね?
  • くり
  • 2014/12/10 4:18 PM
くりさん、こんにちは(^^)

通用しないというのはどういう意味でしょうか?
もしよければ具体的に教えて頂けますか?
  • れな先生
  • 2014/12/10 4:21 PM
=IF(COUNTIF(B3,"*京都府*"),"○","")

こうですよね?やってみれば分かります。
  • くり
  • 2014/12/10 4:42 PM
くりさん、ご指摘ありがとうございます。
確かに、COUNTIF関数を挟む作業が抜けておりました。
一度記事を取り下げて、修正させていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
  • れな先生
  • 2014/12/10 4:58 PM
別に迷惑には感じていません(^O^)Officeは道具ですから皆上手に使えるようになるといいですね(^^)v
  • くり
  • 2014/12/10 7:22 PM
2014/12/11 記事を一部訂正いたしました。
内容に誤りがありご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
  • れな先生
  • 2014/12/11 1:31 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

        

最新の記事

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ハロー!パソコン教室公式サイト

ハロー!パソコン教室 FC本部

東京エクセル物語

ドラマで学ぶExcelの関数
れな先生出演の無料エクセル解説動画も見れるよ! 東京エクセル物語 -私の心の中の関数

れな先生のTwitter

archives

最新のコメント

  • ワードアートのサイズを自由に変更する方法
    はは
  • ワードアートのサイズを自由に変更する方法
    t1122
  • かっこ()の形が自動調整されるのを防ぐ方法
    うなぎ
  • Excelの行や列を簡単に入れ替える裏技
    ねこ
  • 「グラフ」と「図形やテキストボックス」を合体させるワザ
    タカ
  • 空き瓶リメイク♪
    トキムンダ
  • PowerPointで本格的なイラスト作成
    よくある木
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    れな先生
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    チャランコ
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    れな先生

リンク

れな先生のプロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode