複合参照が難しいと思う方必見!簡単に固定する場所を判断する技
■2014.03.19 Wednesday■ by:れな先生 
皆さんこんにちは。れな先生です 

今回はExcelの"複合参照"に関する裏技です。
複合参照に慣れないうちは「行」と「列」どっちを固定すれば正しく計算できるのかわかりにくいんですよね。
私も初心者の頃は「え〜っと行を動かしたくないから…。んん? 」と戸惑っていました。

そんな私が四苦八苦しながらあみ出したワザを皆さんに伝授しようかと思います。
大げさに言ってますがとっても簡単な方法なので早速確認しましょう♪

今回は下のような九九の表を複合参照を使って求めてみたいと思います。
セルB3にはセルB1とセルA3を掛け算する数式を入力しています。
では、まず「セルB2」は「B」か「2」かどちらを固定すればいいのでしょうか?


みなさん、どちらを固定するかわかりましたか?
コピーをした時にどこが動いてしまうのかを考えながら判断するのはなかなか至難の業です。

こんな時は「計算に使う範囲に鉛筆を当てましょう」

セルB2の場合は、計算に使うのは「セルB2〜セルJ2」までなのでそこに鉛筆を当てます。
尖っている方を行番号に向けるとわかりやすいですよ。


そうすると、何という事でしょう(笑)
鉛筆の先が固定する場所を示しているではありませんか!
セルB2は「2」を固定して、セルB$2とすると正しく複合参照をすることができます。


セルA3も同じように考えると、セルA3の計算に使う範囲は「セルA3〜セルA11」までなので、この範囲に鉛筆を当てます。
そうすると、鉛筆の先は「A」を指しているので、セルA3は「A」を固定して、セル$A3とすると正しく複合参照をすることができます。



つまり、セルB3に入る数式は「=B$2*$A3」ということになりますね。
このように計算に使う範囲に鉛筆を当てることで簡単に固定する場所を見つけることができますよ。
鉛筆が無い場合は自分の指でもOK!実務ではもちろんの事、試験など瞬時に判断しなくてはいけないときに重宝しますよ。

複合参照が苦手。というあなたは、是非やってみてください 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

        

最新の記事

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ハロー!パソコン教室公式サイト

ハロー!パソコン教室 FC本部

東京エクセル物語

ドラマで学ぶExcelの関数
れな先生出演の無料エクセル解説動画も見れるよ! 東京エクセル物語 -私の心の中の関数

れな先生のTwitter

archives

最新のコメント

  • ちょっと便利な再変換の方法
    kate spade handbags
  • よく使う機能を集めて作業効率大幅UP↑↑ リボンにオリジナルのタブを作成する方法
    bose headphones
  • 複合参照が難しいと思う方必見!簡単に固定する場所を判断する技
    kate spade purses
  • Excelの元データ非表示でグラフが真っ白に!?
    stussy
  • かっこ()の形が自動調整されるのを防ぐ方法
    のりこ
  • 「グラフ」と「図形やテキストボックス」を合体させるワザ
    New Yeezy V2
  • 複数セルに一気に文字を入力する方法
    fitflop sale
  • ちょっと便利な再変換の方法
    nike air vapormax
  • よく使う機能を集めて作業効率大幅UP↑↑ リボンにオリジナルのタブを作成する方法
    curry shoes
  • Excelの元データ非表示でグラフが真っ白に!?
    kate spade

リンク

れな先生のプロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode