PowerPointでフォトムービー作成
■2015.01.07 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

今回は、PowerPointでフォトムービーを作成する方法をご紹介します。

PowerPoint で作成したスライドショーは、ビデオとして保存することができるのをご存知ですか?
ビデオとして保存すると、DVDに焼いてフォトムービーを楽しんだり、メールやLINEに添付して誕生日やお正月、パーティーなどの動画メッセージを送ることもできます。

特別な日にオリジナルの動画メッセージで、サプライズしてみませんか?


※この動画は無音ですが、音声を付けることもできます
 

スライドショーをビデオとして保存する方法

1)[ファイル]タブをクリック
2)「エクスポート」をクリック(※2010では「保存して送信」をクリック)
3)「ビデオの作成」をクリック
4)ビデオのサイズを選択
  • 高品質で、ファイル サイズが大きいビデオを作成する場合は、
    [コンピューターおよび HD モニター] をクリックします。
  • ファイル サイズと品質が中程度のビデオを作成する場合は、
    [インターネットおよび DVD] をクリックします。
  • ファイル サイズが最小で、低品質のビデオを作成する場合は、
    [ポータブル メディア デバイス] をクリックします。
5)[ビデオの作成]ボタンをクリック



6)ファイルの種類を選択(mp4かwmvを選択できます)
7)名前を付けて任意の場所に保存



これでスライドショーをビデオとして保存することができますよ。
 


おまけ:ビデオとして保存するときのポイント!

スライド内に動画や音楽を挿入している場合は、メディアの圧縮をしましょう。

動画や音楽は容量が大きいので、作成したビデオの容量も大きくなってしまいます。
「綺麗な画質でDVDに焼いて鑑賞したい」という場合は圧縮する必要はありませんが、「USBメモリに入れて持ち運びたい」「メールに添付して送りたい」というような場合は、圧縮をすることで容量を抑えることができますよ。

【メディアの圧縮
  1. [ファイルタブ]をクリック
  2. [情報]をクリック
  3. 「メディアの圧縮」ボタンをクリック
  4. 任意の圧縮率を選択
  5. 「圧縮完了」と表示されていることを確認して「完了」ボタンをクリック

PowerPointで本格的なイラスト作成
■2013.08.21 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

さて、今回はちょっとマニアックな内容をご紹介します。 PowerPointを使ってイラスト作成ソフト並みの描画をする方法です!

イラスト作成ソフトというとAdobe社のillustratorなどが有名ですね。
プロのデザイナーさんもよく利用しているソフトです。

Officeソフトはデザイン系のソフトとは対照的なイメージがあるかもしれませんが、実はPowerPointにはイラスト作成ソフト並みの描画機能がついているんですよ!

PowerPointでは「図形」を使って描画をします。
「図形」はベクトル画像なので、拡大や縮小をしても画像が劣化しないのが魅力なんですよ。
今回は「図形の結合」と「頂点の編集」を使って高度な描画をする方法を紹介したいと思います。

【図形の結合】

PowerPointを使うと、図形を組み合わせてオリジナルの図形を作成することができます。
例えば、ハートと三角形を結合してスペードの図形を作成したり、円を2つ重ねて型抜きし、三日月の図形を作成することも出来ます。
グループ化を使うと、枠線を設定したい時にそれぞれの図形に枠線が表示されてしまいますが、結合をすると1つの図形になるので枠線を正しく表示することができますよ。



図形の結合はPowerPoint2010以降で利用することができますが、PowerPoint2010はリボンに表示されていないので、まずはリボンに表示しておく必要があります。

【2010】
[リボン上で右クリック]-[リボンのユーザー設定]-コマンドの選択を[リボンにないコマンド]に変更-[図形の型抜き・図形の合成・図形の重なり抽出・図形の接合図形の単純型抜き・図形の合成]をリボンに追加で利用できます。

【2013】
PowerPoint2013からは、標準の設定で利用できるようになっています。
[描画ツール]-[書式タブ]-[図形の結合]から利用できます。

PowerPointでは、以下の5種類の図形の結合ができます。




【頂点の編集】

図形を右クリックして表示されるメニューから「頂点の編集」をクリックすると、図形の頂点が表示されます。
頂点をクリックすると「ハンドル」が表示されるので、このハンドルを自由に動かして、滑らかな曲線を描くことができます。
慣れるまでは、ハンドルをどのように動かせば思い通りの図形になるのか分かりにくいですが、慣れてくれば感覚でわかるようになってきますよ。
例えば、ハートの形から上下の頂点のハンドルを動かして涙型の図形にすることも出来ます。




これらの機能を応用すれば、図形を使って何でも描画できます(^^)/
れな先生のイラストもPowerPointで描けましたよ!



グラデーションや透過、図形の効果などを組み合わせるとさらにリアルなイラストを描画することもできます。

今回はちょっとマニアックな内容になりましたが、PowerPoint=プレゼンテーションソフトという固定観念を良い意味で裏切るこの機能。
皆さんも、ぜひチャレンジしてみてください。
マスターすれば、ちょっとしたクリップアートなんかも自作出来るようになりますよ!

PowerPointのスポイト機能が便利!
■2013.06.12 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

PowerPoint2013では、新たに「スポイト」という機能が追加され、文字や図形、写真などあらゆるものから色を抽出することが出来るようになりました。



例えば、図形を文字と同じ色で塗りつぶしたい場合、文字に使用している色が分からなければ全く同じ色を作成するのは難しいですよね。

そんな時にスポイトを使うと、スライド上の色を簡単に抽出することが出来ます。



塗りつぶしを設定したい図形を選択してスポイトをクリックすると、マウスポインターの形がスポイトの形に変わり、右上に四角形が表示されます。

そのままマウスポインターで任意の色の上をポイントすると、四角形内に抽出する色が表示されます。



あとは、任意の色の上でクリックをするだけで、簡単に同じ色に設定することが出来ますよ。



色は、挿入した図形や写真等からも抽出することができます。
微妙なニュアンスの色を設定したい時などに利用すると便利ですね! 

PowerPointで箸袋
■2013.04.17 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

だんだんと温かくなり、春らしくなってきましたね。
ポカポカのお日様を浴びていると、お弁当を持ってピクニックに行きたくなります。

気候が良くなってきたので、バーベキューやキャンプなどに
行く人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな時にちょっと盛り上がる「オリジナル箸袋」を作ってみました。



Microsoftの公式サイトでテンプレートがダウンロードできるので、
誰でも簡単にオリジナルの箸袋を作成することが出来ますよ 

他にも、Microsoftの公式サイトでは、カレンダーやフォトアルバム、手作り扇子に
ペーパークラフト等々、様々なテンプレートがダウンロードできるようになっています。

普段使っているWordやExcel、PowerPointなどのOfficeソフトを使って、
オリジナルのアイテムを作成することが出来るんですよ。

ダウンロードしたテンプレートの中には、そのテンプレートの使い方も一緒に入っているので、初心者でも簡単にオリジナルアイテムを作成することが出来ます。



今回私はPowerPointのテンプレートを使って箸袋を作成しました。
写真や文字を入れ替えるだけで、簡単に作成することができましたよ〜。



バーベキュー・ピクニック・お誕生会・記念日などに、家族やお友達の写真と
名前入りの箸袋を用意すれば、盛り上がること間違いなし!

専用のソフトを購入することなく使いなれたOfficeソフトで編集できるのが嬉しいですね。

他にも、楽しいテンプレートがたくさん用意されているので、皆さんの目的に合うものがきっと見つかるはずです。
是非、一度探してみてくださいね 

↓Microsoft公式サイト
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/default.aspx

↓箸袋テンプレート(注:PowerPointが必要です)
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/template/result.aspx?id=10266

全てのスライドに会社のロゴを表示させる技
■2011.11.30 Wednesday■ by:れな先生 
 みなさんこんにちは。れな先生です

今回は、PowerPointの便利な機能「スライドマスター」を皆さんにご紹介します。

もし、計24枚のスライドが挿入されたプレゼンテーションファイルを作成し、そのスライド全てに会社のロゴを入れたい。という場合、スライド1枚1枚に会社のロゴを挿入していくのは面倒ですよね 

そんな時に「スライドマスター」を使えば、一瞬で全てのスライドにロゴを挿入することが出来ます。

1)[表示]タブの[マスター表示]グループにある[スライドマスター]ボタンをクリック


2)スライドマスターの画面が表示されるので、1番上のスライドマスターを選択


3)[挿入]タブの[画像]グループにある[図]ボタンをクリックし、表示された[図の挿入]ダイアログボックスから使用したい図をダブルクリックして挿入する


4)挿入した画像を、配置したい場所へ移動する。


5)自動的に、全てのスライドマスターにロゴが配置された
  ※プレースホルダーがロゴと重なっている場合、サイズを調整しておくと良いですよ


6)[スライドマスター]タブの[閉じる]グループにある[マスター表示を閉じる]ボタンをクリックして、スライドマスターの編集を終了させる。


7)全てのスライドにロゴを追加することが出来た



もちろん、新しくスライドを追加してもロゴが表示されますよ
ぜひ、みなさんやってみてくださいね!

MOS PowerPoint2010ショートカットキー
■2011.11.09 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

みなさん、朝はスッキリ起きれますか?
実は低血圧の私。朝フラフラしていると、毎日チーズを50g食べると低血圧予防になるとの情報 を頂きました。
今日から毎日チーズ50g食べて体質改善します!
太るかもしれませんが…(笑)

さて、今回はMOS PowerPoint2010でよく使うショートカットキーをご紹介します。 問題によく出題される、レベル上げやレベル下げ、グリッドの表示などをメインに集めてみま した!

制限時間内に問題を解くことを要求されるMOS試験では、マウス操作よりショートカットキーを 使う方が断然効率が良いので、ぜひ覚えてくださいね


■MOS PowerPoint2010でよく使うショートカットキー
ショートカットキー
機能
Alt + Shift + 1アウトラインの折りたたみ
Alt + Shift + Aアウトラインの展開
Shift + F9グリッドの表示
Ctrl + M新規スライドの挿入
Ctrl + Tフォントダイアログボックスの表示
Alt + Shift + ↑一つ上のレベルへ移動
Alt + Shift + ↓一つ下のレベルへ移動
Alt + Shift + →レベル下げ
Alt + Shift + 左レベル上げ
F2プレースホルダ内のテキスト選択
F5スライドショーの実行
Shift + F5指定したスライドからスライドショー実行
F7スペルチェックと文章校正の実行

※Office共通のショートカットキーはこちら
※任意のスライドに移動するショートカットキーはこちら

スライド移動がスマートに出来る技
■2011.11.02 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です

最近朝晩が一層寒くなってきましたね。
朝お布団から出られなくてついついギリギリまで寝てしまいます

さて、みなさん、MOS PowerPoint2010試験対策講座はもう受講して頂けましたか?
今回は、PowerPointで使える便利な機能をご紹介します。

MOSの模擬試験で、スライドショーを実行中に、
”スライド○枚目に移動し○○をしてください。 ”
という問題文がよく出題されますよね。

スライドを移動するときに、EnterキーやBackSpaceキーを使って
移動しても構いませんが、キ ーボードの数字キーを使うと、
もっと簡単に任意のスライドを表示させることができます。

操作方法は簡単!
スライドショー実行中に移動したいスライド番号をキーボードか ら入力(画面上に何も表示されませんが大丈夫です) 続いてEnterキーを押す。
これだけです。

どうですか?簡単ですよね

業務でPowerPointを使用している人にもオススメしたい機能です!
是非使ってみて下さいね

MOS PowerPoint 2010 リリース!
■2011.10.19 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です

今週末、10月21日はハロー!パソコン教室の
MOS PowerPoint2010 試験対策講座リリース日です

Microsoft PowerPointは、数あるプレゼンテーションソフトの中でも
圧倒的なシェアを誇るプ レゼンテーションソフトで、
多くの企業が営業や会議などがPowerPointを使用しています。

今回の試験対策講座も、試験に出やすい問題や、
おさえておきたい機能などをポイントとして
詳しく解説していますので、これから就職活動をする方、
転職をする方、また、現在 PowerPointを使って仕事をしている方に
”自信をもってPowerPointを使いこなせます”と言える ように、是非、
MOS PowerPoint2010試験対策講座を受講してくださいね。

PowerPoint2010はWordやExcelに負けないくらい
便利な機能がたくさん用意されています。

PowerPoint2010からは、アート効果や背景の削除などの機能が追加され、
今まで専用の画像編 集ソフトが無いとできなかったような画像の加工が、
簡単に出来るようになりました。
同じ写真を使用していても、印象ががらっと変わります。
プレゼンテーションの説得力が増しますよ!

↓写真を使ってこんなことも出来ますよ



また、撮影したビデオを取り込み、スタイルを変更したり、
動画編集ソフトのようにトリミン グやフェード効果をつけることも
出来るようになりました。
アニメーションや画面切り替え効果の数も更に増え、
より魅力的なスライドが作成できるよう になっています。

そのほかにも新機能や便利機能が満載のPowerPoint2010!
MOS PowerPoint2010 試験対策講座は、これらの機能を
使いこなすことが出来ることを証明する 資格です。
様々な機能を使いこなすことが出来れば、効率よく、
魅力的なプレゼンテーションを行うこと が出来るようになりますよ!
是非MOS PowerPoint2010試験対策講座を受講してくださいね

1

        

最新の記事

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ハロー!パソコン教室公式サイト

ハロー!パソコン教室 FC本部

東京エクセル物語

ドラマで学ぶExcelの関数
れな先生出演の無料エクセル解説動画も見れるよ! 東京エクセル物語 -私の心の中の関数

れな先生のTwitter

archives

最新のコメント

  • ワードアートのサイズを自由に変更する方法
    はは
  • ワードアートのサイズを自由に変更する方法
    t1122
  • かっこ()の形が自動調整されるのを防ぐ方法
    うなぎ
  • Excelの行や列を簡単に入れ替える裏技
    ねこ
  • 「グラフ」と「図形やテキストボックス」を合体させるワザ
    タカ
  • 空き瓶リメイク♪
    トキムンダ
  • PowerPointで本格的なイラスト作成
    よくある木
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    れな先生
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    チャランコ
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    れな先生

リンク

れな先生のプロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode