Excelでデータ分析(重回帰分析)
■2016.10.19 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは、れな先生です 

今回は、以前ブログ内で紹介した「単回帰分析」の上級編、「重回帰分析」を使ったデータ分析の方法をご紹介します。

う〜ん。相変わらず名前だけ聞くと頭が痛くなりそうですね 急ぐ

ですが、Excelを使えば自分で難しい計算をしなくても一瞬で分析を行なうことができます。
今回も、気軽に読んで頂けるよう、マンガを添えて解説しますのでどうぞお付き合いくださいませ〜。

前回の続きになっていますので、前回の記事を読んでいない方は
Excelでデータ分析(単回帰分析編)」の記事を先にお読み頂くと、よりわかりやすいかと思いますキラキラ

重回帰分析の解説


はい、以前の記事では「おでん」の売上を気温との関係から分析する方法をご紹介しましたが、実際にはおでんが売れる要因は気温だけとは限りません。

このマンガのように、雨が降ると売上が下がることもあるでしょうし、チラシをまいた日やセールの日は気温とは関係なく売上が伸びるでしょう。
売上には、気温、降水量、チラシの枚数など複数の要因が絡んできます。

こういった「複数の要因」から結果を分析することができるのが「重回帰分析」です。

使い方は簡単!
調べたい「複数の要因」、今回の場合は「気温」「降水量」「おでんの売上」を毎日Excelに記録していきます。
あとはExcelの「TREND関数」を使うだけで、それぞれの要因と売上の関係を一瞬で分析し、結果を求めることができます。

重回帰分析の解説2


重回帰分析 TREND関数

今回は、複数の要因から分析をすることのできる「重回帰分析(TREND関数)」を紹介します。

下の表を使って、今まで記録してきた「最低気温」「降水量(mm)」「売上個数」を元に
2月28日の最低気温と降水量から売上個数を予測してみましょう。



 
FORECAST関数の使い方


 

【操作方法】
1)セルD9を選択
2)「=TREND(D2:D8,B2:C8,B9:C9)」を入力
 ※定数は省略
3)[Enter]キーで確定



このように「TREND関数」を使えば、複数の要因を元に簡単にデータ分析を行なうことができます。

これを数学の計算式で計算しようと思うと、それこそ頭の痛くなるような複雑な計算をしなければいけません。
また、ある程度の知識や勉強も必要になりますが、関数を使えば、自分が計算方法を理解していなくてもExcelが自動的に計算してくれるのでデータ分析がうんと楽になります。

数字の苦手な私にもピッタリです れな先生 顔文字にやり(笑)
皆さんもぜひやってみてくださいね。

膨大な連続データを一瞬で入力する技
■2016.09.21 Wednesday■ by:れな先生 
皆さん、こんにちは。れな先生です。
今回は「膨大な連続データを一瞬で入力する技」をご紹介します。

1.pngExcelでは、連番などの連続データを入力する機会が多くあります。
そんな時、皆さんはどのように入力をしますか?

おそらく「フィルハンドルでドラッグ」して入力する
という方が多いかと思います。
もちろんそれでも正解ですが、件数が多いとちょっと大変です。


もし、データが1000件ある場合、画面をスクロールしながら1000件目までドラッグしなければいけません。
これが結構手間だったりします。

そこで、どんなに膨大な連続データでも一瞬で入力できるExcelの機能を覚えておきましょう。

連続データの入力は「フィル」の「連続データ」機能を使うべし!

Excelには、連続データを簡単に入力することのできる「連続データ」という機能がついています。
この機能を使えば、膨大な量の連続データを一瞬で入力することができます。

操作方法
今回は例題として、1〜1000までの連番を入力します。

1)最初の値を入力し、そのセルをアクティブセルにしておく

2)<ホーム>タブの[編集]グループの「フィル」をクリック

3)「連続データの作成」をクリック


4)[範囲]から「列(行)」を選択
  ※今回は縦方向に連続データを作成したいので「列」を選択しています。

5)[種類]から連続データの種類を選択
  ※今回は1ずつ増える連続データを作成したいので「加算」を選択しています。

6)[増分値]に「1」と入力します
  ※他の数字を入力することで「2飛び」や「3飛び」といった連続データが作成できます

7)[停止値]に連続データの最終の値を入力します
  ※今回は「1000件」の連続データにしたいので「1000」と入力しています。

8)[OK]をクリック


これで、一瞬で1000件まで入力できます。


「停止値」を変更すれば、一万件だろうが、100万件だろうが一瞬で入力することができますよ。
知っていると結構便利な機能なので、ぜひ活用してくださいね
 

COUNT系関数まとめ
■2016.08.17 Wednesday■ by:れな先生 

皆さん、こんには、れな先生です 

今回は、Excelでよく使う「COUNT系」の関数をまとめてご紹介したいと思います。

"COUNT"という名前の通り、数を数えるための関数ですが、一言でCOUNTと言ってもその種類はさまざま。
「COUNT関数を使ったのに、結果が正しく表示されない 汗」という方は、もしかすると使う関数を間違えているのかも…。

COUNT系の関数を正しく使い分けて思い通りの結果を得られるようにしましょう。
 



【COUNT関数の種類】
今回は、下記5つの関数の使い方と特徴をお伝えしたいと思います。

・COUNT関数
・COUNTA関数
・COUNTBLANK関数
・COUNTIF関数
・COUNTIFS関数

COUNT関数

指定した範囲内の「数字が入力されている」セルの数を数える。

範囲選択をするだけで、簡単にセルの数を数えることができますが、特徴としては「数字しか数えない」ということ。
空白のセルや、文字列が入力されているセルの数は数えることができません。



COUNTA関数

指定した範囲内の「空白のセル以外」のセルの数を数える。

この関数も、範囲選択をするだけで、簡単にセルの数を数えることができますが、COUNT関数と違い「空白以外のセル」はすべて数えるので、数字や文字にかかわらず、なにかしら値が入力されているセルの数を数えたい場合は、こちらの関数を使う必要があります。




注意注意!
ここでいう「空白のセル」とは、NULLのセル(何も入力されていないセル)の事を言います。
スペースキーを押して空白を入力すると、データが"入力されている"扱いになり、そのセルも含まれてしまうので注意が必要です。

COUNTBLANK関数

指定した範囲内の「空白」のセルの数を数える。

この関数は、「空白のセルの数」を数えるための関数です。セル範囲を選択するだけで、簡単に空白セルの数を数えることができますよ。



注意注意!
ここでいう「空白のセル」とは、NULLのセル(何も入力されていないセル)の事を言います。
スペースキーを押して空白を入力すると、データが"入力されている"扱いになり、セルの数を数えることができないので注意が必要です。

COUNTIF関数

指定した範囲内の「条件に一致する」セルの数を数える。

この関数を使えば、自分で条件を設定して、条件に一致するセルの数だけを数えることができます。
条件の指定は、別のセルの値を参照したり、比較演算子を使うことができます。



COUNTIFS関数

指定した範囲内の「複数の条件に一致する」セルの数を数える。

COUNTIF関数では、1つだけしか条件が指定できないのに対して、COUNTIFS関数を使えば「複数の条件を指定」することができます。
条件の指定は、別のセルの値を参照したり、比較演算子を使うことができます。


 



いかがだったでしょうか?
ただ数を数えるだけのCOUNT系の関数も実はこんなに種類があるんですよ。

セルの数を数えたいときには、たくさんあるCOUNT系の関数の中から、適切な関数を選択するのがスムーズに処理をするためのコツです。
もし、知らない関数があったという方は是非使ってみてくださいね 


オートフィルタで抽出した値だけを計算する技
■2016.05.25 Wednesday■ by:れな先生 

みなさん、こんにちは。れな先生です 

今回は「オートフィルタで抽出した値だけを計算する技」をご紹介します。
オートフィルタ機能は、目的のデータを選択するだけで、簡単にデータの絞り込みができる便利な機能です。

ですが、抽出したデータ以外のデータも計算に含まれてしまって困ったことはないでしょうか?



こういう時は、 SUBTOTAL関数を使いましょう。
SUBTOTAL関数を使えば、抽出した数値だけを計算することができますよ。

【 SUBTOTAL 関数の使い方】


SUBTOTAL関数は「集計方法」と「範囲」を指定するだけで簡単に利用することができます。
「集計方法」の数値を変えるだけで、「合計」はもちろん「平均」や「最大」「最小」などの計算もできますよ。

SUBTOTAL関数の使い方
 
今回は合計をしたいので、集計方法には「SUM関数」の「9」を使用し、合計したい「金額」の範囲を指定します。


 

このように、SUBTOTAL関数を使えば、オートフィルタで抽出したデータのみを計算することができます。
もし、抽出結果だけの計算をしたい場合は、この関数を使うようにしてくださいね 


Excelの行や列を簡単に入れ替える裏技
■2016.05.18 Wednesday■ by:れな先生 
皆さん、こんにちは。れな先生です

お久しぶりの更新となりましたが、今回はExcelの行や列を簡単に入れ替える裏技をご紹介します。

皆さんは、表を作成した後に行や列を入れ替えたい場合どうやって操作していますか?
おそらく、行見出し(列見出し)を右クリックして、切り取りをした後、挿入したいセルに貼り付けをしている方が多いかと思います。

もちろん、それは正しい操作ですが、実はもっと簡単に入れ替えをする方法があるんです!


【行や列を簡単に入れ替える方法】
今回は例題として、下表の「加藤さん」と「関口さん」の行を入れ替えてみたいと思います。


1)移動させたい行を選択
2)選択した範囲の線の上にカーソルを移動
  ※マウスポインターの形がに変わります


3)[Shiftキー]を押しながら、移動したい場所へドラッグ


4)ドラッグした場所に行が移動する



この方法を使えば、ドラッグ操作だけで簡単に行や列を入れ替えることができます。
ぜひ皆さんもやってみてくださいね

「グラフ」と「図形やテキストボックス」を合体させるワザ
■2015.02.04 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です

まだまだ寒い日が続きますが、みなさん風邪などひかずに過ごしているでしょうか?
京都では先日、雪が降っていました。京都では雪が降ると嫌がる人が多いですが、全く雪の降らない地域で生まれ育った私は、いまだに雪を見ると「うわぁ〜!雪だぁ〜!!」って興奮してしまいます。

さて、それはさておき、今回は「図形やテキストボックス」と「グラフ」を一体化させるワザをご紹介します。

グラフ上に図形やテキストボックスを重ねて使うと、伝えたい場所を強調したり、分かりやすくしたりすることができて便利ですよね。

ですが、せっかく綺麗に作成したのに、グラフの場所を移動させたり、サイズを変更すると…せっかく配置したレイアウトがバラバラに なってしまった!なんて経験はないでしょうか?



実は、グラフ上に図形やテキストボックスを配置する時に、”ある事をするだけ”でグラフと一体化して一緒に移動させることができるよう になります。

その方法とは…





↓ 


「グラフを選択した状態で、グラフ上に配置する」

これだけです。

な〜んだ。普段からやってるよ。という方も中にはいるかもしれませんが、実は意外と知らない人が多いこのテクニック。

グラフと図形の組み合わせに、やきもきしていたアナタは是非今すぐやってみてください。
知っているのと知らないのとでは作業の手間が全然違います!

グラフを選択した状態で、グラフ上に図形やテキストボックス等を配置するだけで、
「グラフを移動させた時に一緒についてくる」のはもちろんの事、グラフのサイズを変更した場合もそのサイズに合わせて、
「自動的に図形やテキストボックスの大きさが調整される」ので、後からサイズを調整する手間もかかりません。
 

図形を配置するときにおさえておきたい2つのポイント

1)グラフを選択しておく
2)グラフの上で図形(もしくはテキストボックス)を作成する




この2つのポイントを押さえておけば、もう大丈夫!

ちなみに、せっかくグラフを選択していても、グラフの外に図形を作成してしまうと失敗してしまいます。
必ずグラフの上で作成をしてくださいね。

知らなかった!という方は是非今日から利用して、ストレスフリーなグラフ作成をしてくださいね。

IF関数であいまいな条件を指定する
■2014.10.20 Monday■ by:れな先生 
皆さん、こんにちは。れな先生です 

今回は、IF関数であいまいな条件を指定する方法をご紹介します。
IF関数を使っていると、下の表のような「あいまいな条件を指定したい」という場面が出てくることがあります。
みなさん、このような場合、どのようにすればいいかわかりますか?



住所が「京都府」のものには「○」、それ以外は「空欄」を表示させたい。というような場合、IF関数の論理式に
「B3=”京都府”」
と入力してしまうと、住所が「京都府」というデータだけを対象にするため「京都府○○▲▲」といったように、住所に続きがあるものは対象外となってしまい、失敗してしまいます。


このようなあいまいな条件を指定する時には「ワイルドカード」というものを使います。
 

ワイルドカードの種類
種類 内容
 *(アスタリスク) このワイルドカードが入力されている場所は何が入力されていてもOK
例)第*回→ ○:第1回,第10回,第100回
 ?(クエスチョン) 「*」と同じだが、1文字限定
例)第?回→ ○:第1回,第9回 ×:第10回,第100回
もし、2桁のものだけを探したい場合は「第??回」とすることで可能
 ~(チルダ) 「*」や「?」のマーク自体を検索したい場合、前に「~」を入力すれば検索できる

任意の1文字だけを指定したい場合は、「?」を使用しますが、おそらく、文字数の指定をしない「*」の方が利用する機会が多いのではないでしょうか?
今回も、「京都府」に続く文字列は住所によって文字数が異なるので「*」を使って求めます。
 

ワイルドカードの位置
条件 *の位置
 京都府から始まる  "京都府*"
 京都府で終わる  "*京都府"
 京都府を含む  "*京都府*"

ワイルドカードは、あいまい検索をしたい文字列の前後に入力します。
ワイルドカードを入力する位置によって条件が変わりますよ。
今回の表の場合、京都府から始まるものを検索すればいいので、今回は

"京都府*"

となります。「*」が後ろについているので、京都府の後ろはなんでもOK。という条件になるんですよ。

さて、そこで「=IF(B3="京都府*","○","")」と数式を入力したいところですが、このままでは
「”京都府*”」が文字列として扱われてしまい、うまくいきません。

そこで「COUNTIF」関数を挟みます。
「COUNTIF関数」は、指定した条件に合っていれば「1」そうでなければ「0」を返す関数です。
たとえば「=COUNTIF(B3,"京都府*")」とすると、セルB3に京都府が含まれていれば「1」、含まれていなければ「0」を表示します。
IF関数では、「1」は「真の場合(TRUE)」、「2」は「偽の場合(FALSE)」として扱われるので、
「=IF(COUNTIF(B3,"京都府*"),"○","")」とすると、あいまいな検索を行うことができます。

ちょっと応用が必要ですが、ワイルドカードを使うことで、IF関数で求められる結果の幅がぐーんとUPします。
ワイルドカードの使い方を覚えておくと、他の人と差を付けられること間違いなしですよ! きらきら


ちなみに、ワイルドカードは、すべての関数で利用することができるので、IF関数以外の関数にも利用することができます。
今回は最も使う機会の多いIF関数で解説をしましたが、別の関数でも利用することができるので色々な場面で使ってみてくださいね 

Excelの折れ線グラフを滑らかにする方法
■2014.10.15 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

今回は、Excelの折れ線グラフを滑らかにする方法をご紹介します。

例えば、「y=x2」や「sinθ」を表すグラフのように、滑らかな曲線のグラフを作成したくても、普通に折れ線グラフで作成すると、頂点を基準にカクついてしまいます。


「もっと滑らかな曲線のグラフが作りたいのに!」と困っているアナタ。
Excelにはちゃんと、線を曲線にするための「スムージング」という機能が備わっています。
スムージング」の機能を使えば、簡単に滑らかな曲線のグラフを作成することができますよ。

 

【設定方法(Excel2013)
1)折れ線の上で右クリック
2)[データ系列の書式設定]をクリック



3)「塗りつぶしと線」のアイコンをクリック
4)「線」をクリック



5)スクロールして一番下を表示
6)「スムージング」にチェックを入れる


 

【Excel2010/2007の場合
1)折れ線の上で右クリック
2)[データ系列の書式設定]をクリック
3)データ系列の書式設定ダイアログボックスの左側の一覧から「線のスタイル」をクリック
4)線のスタイルの画面の下にある「スムージング」にチェックを入れる
5)「閉じる」ボタンをクリック
 

このように、「スムージング」にチェックを入れるだけの簡単操作で滑らかなグラフを作成することができます。
意外と知らない人も多いこの機能。ぜひ利用してみてくださいね 

Excelで入力した値をそのまま表示する方法
■2014.08.06 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

今回は、Excelで入力した値をそのまま表示する方法をご紹介します。

Excelには、入力した値を自動的に判断して、表示を変えてくれる機能が備わっています。
例えば「1/1」や「1-1」と入力すると、自動的に日付だと判断して「1月1日」に変換してくれます。

この機能はとっても便利ですが、場合によっては「1-1」と入力したかったのに勝手に変わってしまって困る!という場合もあります。

他にも、「1.」とセルに入力すると、自動的に数値の「1」に変換されてしまい、「1.」と入力することができません。

気を利かせたExcelの機能が場合によっては有難迷惑なこともあるんですよね 

こういったちょっとしたイライラを解消してくれるのが「'(アポストロフィー)」です。
自動的に変換させたくない値の前に「'」を入力するだけで、見た目を変換せず、入力したままの値を表示させることができるんですよ。



覚えておくと何かと役立つので、ぜひ皆さんも活用してくださいね 

Excelのエラー値まとめ
■2014.05.14 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

5月になりましたね。やっと花粉から解放されてマスクなしで生活できるようになりました。
とはいえ、まだちょっとムズムズしますが…。

さて、今回は、Excelのエラー値について簡単にまとめてみました。
Excelを使っていると、「#NULL!」や「#DIV/0」といったエラーが表示されることがあります。
このエラー、何かのエラーなんだろうという事はわかりますが、一体何が原因で表示されているのかまでは、わからない人も多いのではないでしょうか。

エラーの意味を知っておけば、エラーの原因をすぐに確認することができます。
そこで、一覧で確認できるようにまとめたので、是非参考にしてみてください 

Excelのエラー値一覧
エラー値 意味
#NULL! NULL intersection
セル指定の「:(コロン)」や「,(カンマ)」がない
セル範囲に共通部分がない
#DIV/0! DIVided by 0
0で割り算を行った
#VALUE! Wrong type VALUE
不適切なデータが入っている
#REF! REFerence to a cell that does not exist
セルが参照できない
#NAME? Unrecognized NAME
関数名やセル範囲名などの名前が正しくない
#NUM! An invalid NUMber
数値が大きすぎる/小さすぎる
#N/A Not Available value
値がない

お仕事で良く見かけるものだけでも、意味を覚えておくと、問題をすぐに解決できて便利ですよ 


        

最新の記事

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ハロー!パソコン教室公式サイト

ハロー!パソコン教室 FC本部

東京エクセル物語

ドラマで学ぶExcelの関数
れな先生出演の無料エクセル解説動画も見れるよ! 東京エクセル物語 -私の心の中の関数

れな先生のTwitter

archives

最新のコメント

  • ワードアートのサイズを自由に変更する方法
    はは
  • ワードアートのサイズを自由に変更する方法
    t1122
  • かっこ()の形が自動調整されるのを防ぐ方法
    うなぎ
  • Excelの行や列を簡単に入れ替える裏技
    ねこ
  • 「グラフ」と「図形やテキストボックス」を合体させるワザ
    タカ
  • 空き瓶リメイク♪
    トキムンダ
  • PowerPointで本格的なイラスト作成
    よくある木
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    れな先生
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    チャランコ
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    れな先生

リンク

れな先生のプロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode