よく使う機能を集めて作業効率大幅UP↑↑ リボンにオリジナルのタブを作成する方法
■2016.07.20 Wednesday■ by:れな先生 

みなさん、こんにちは。れな先生です 

今日、私のブログのアクセスランキングを確認していると、
Word図形で作成した図を画像として保存する方法」の記事が、他の記事に比べて群を抜いてアクセスが多いことに気づきました 

検索ワードも「Word」「図として保存」「画像として保存」が圧倒的…。
みんな、結構Wordでイラストや図を作成しているんですねぇ〜♪
私も図形を使ったイラスト作成が大好きなので嬉しい限りです。

「Wordの図形を画像として保存する方法」は、以前の記事でご紹介させて頂いたのですが、

コピー

貼り付けの▼ボタンをクリック

図として貼り付け

右クリック

図として保存

と手順が多いのがちょっと難点です 汗

もし、この操作を何度も何度も行うのなら専用のタブを作成し、これらのボタンを1つにまとめておくと楽ちんですよ。



そんなわけで、今回は「リボンにオリジナルのタブを作成」する方法をご紹介したいと思います。
今回は、アクセス数の多かった「図形を画像として保存」する時のボタンを例に解説をしますが、それ以外にもよく利用する機能があれば、まとめて登録しておくと作業効率が大幅にUPしますよ!


オリジナルのリボンを作成する方法


「Word」「Excel」「PowerPoint」といったOfficeアプリでは、リボンにオリジナルのタブを作成し、そこによく利用する機能をまとめて表示させることができます。
頻繁に利用する機能を1つのタブにまとめておけば、毎回タブを切り替える手間を省いて作業効率を大幅にUPさせることができます。

【手順】
1)<ファイル>タブをクリック
2)[オプション]をクリック


3)[リボンのユーザー設定]をクリック
4)[ホーム]をクリック
  ※選択したタブの右側に新しいタブが作成されます
5)[新しいタブ]をクリック


※選択していた[ホーム]タブの下に「新しいタブ」と「新しいグループ」が作成されます。


6)「新しいタブ(ユーザー設定)」を選択
7)[名前の変更]をクリック


8)任意の名前を入力し、[OK]をクリック
  ※ここで入力した名前がタブの名前になります


9)「新しいグループ(ユーザー設定)」を選択
10)[名前の変更]をクリック


11)任意の名前を入力し、[OK]をクリック
  ※ここで入力した名前がグループ名になります


12)ボタンを追加したいグループを選択
  ※今回は「図形を画像として保存」のグループにボタンを追加したいので「図形を画像として保存」を選択します

13)左側のウィンドウから、追加したいボタンを選択
14)[追加]をクリック
  ※選択していたグループの下にボタンが追加されます


15)同様に、適宜必要なボタンを追加していく
16)[OK]をクリック


ホームタブの右側にオリジナルのタブが作成され、追加したボタンが表示された!


このように、オリジナルのタブによく使う機能をまとめておけば、何度もタブを切り替えたり、複雑な手順を踏むことなく簡単に利用できるようになりますよ。
皆さんも「図形を画像として保存」する時に利用するボタンを1つにまとめて、使いやすくしてみてくださいね。

また、今回は「図形を画像として保存」をメインに解説しましたが、もちろんそれ以外によく使う機能をまとめておくと便利です。
グループも複数作成できるので、ぜひやってみてくださいね


Point! 見つからないボタンは「すべてのコマンド」から探す


今回追加した「図」ボタンや「図として保存」ボタンは、特殊なコマンドです。
一覧に目的のボタンが見つからない場合は、「コマンドの選択」を「すべてのコマンド」にして探しましょう。



※今回利用した「図」として貼り付けボタンと、「図として保存」ボタンも、すべてのコマンドから追加できます。


WordやExcelをPDFに変換する方法
■2013.11.13 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

今回は、Wordで作成した文書やExcelのワークシートをPDFに変換して保存する方法をご紹介します。

Office2007までは、アドインをインストールしたり、別のソフトを使って変換するなど特殊な作業をしなければPDFへ変換することが出来ませんでしたが、Office2010以降ではPDFへの変換が標準搭載され、簡単にPDFファイルを作成できるようになりました。

PDFへの変換はOffice2010以降の、Word・Excel・PowerPoint・OneNoteで行うことが出来ます。
PDFに変換するために、わざわざ別のソフトを使わなくても作成したその場で直接PDFとして保存が出来るのでとっても便利になりました。

【操作手順】

1.「名前を付けて保存」の「ファイルの種類」から「PDF」を選択


2.その他設定を行う


3.「保存」をクリック


保存をする時に、ファイルの種類をPDFに変えるだけなのでとっても簡単ですね!
ちなみに、Word2013からはPDFファイルをWord文書に変換して読み込むことが出来るようになっています。

変換作業が必要だったPDFファイルが標準で扱えるようになって、とても便利になりました。
皆さんもぜひ、活用してくださいね 

図の圧縮行っていますか?
■2013.07.10 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

さて、今回は「図の圧縮」についてのお話です。
WordやExcel、PowerPointなどには、写真やイラストなどの"図"を挿入することが出来ます。

しかし、何も考えずに写真やイラストをどんどん追加すると、ファイル自体の容量もどんどん増えていくことに…。

特に、デジカメ等で撮影した写真は要注意。
最近のデジカメは精度がよく綺麗に撮影できるぶん、容量もとても大きいのです。

そんな写真をどんどんと追加していくと、ファイルを開く時に時間が掛かったり、処理速度が遅くなったり、強制終了してしまう可能性も高くなります。

それに、もし、そのファイルをメールに添付して送るとなると、転送に時間が掛かってしまい、送った先の相手にも迷惑が掛かってしまいます。
場合によっては、容量が大きすぎて送れないということも…。 

そういうトラブルを防ぐためにも、「図の圧縮」を覚えておくと良いですよ。
図を圧縮すると、ファイルの容量が驚くほど変わります。

例えば、デジカメの写真を大量に貼り付けたWordファイル。 圧縮前は約21MBでしたが、図の圧縮を行うと4MBまで容量を小さくすることが出来ました!





数字を見ると一目瞭然ですね。

無用なトラブルを防ぐためにも、容量の大きい画像を挿入した場合や、大量の画像を挿入した場合は、図の圧縮を行っておきましょう 

【図の圧縮の操作方法】

1.図を選択します
2.<書式>タブを選択します
3.「図の圧縮」をクリックします



4.「画像の圧縮」ダイアログボックスを任意の設定に変更します



5.「OK」をクリックします

6.図の圧縮が完了しました

圧縮率を高くすると、容量がぐっと小さくなりますが、もちろん画質は劣化するので注意してください。
圧縮率は状況に応じて変えてくださいね 

Officeソフトで、文字の枠線を綺麗に出す方法
■2013.06.26 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です 

WordやPowerPoint等を使って文字の装飾をする際、文字の枠線がどうも思うようにいかない。ということはありませんか?

WordやPowerPointには、文字の周りに枠線を付ける機能がついていますが、線を太くしすぎると、文字がつぶれて見にくくなってしまいます 



そこで今回は、私がいつも使っている「文字の枠線を綺麗に出す方法」をご紹介します。

まず、枠線を付けたい文字をテキストボックスに入力し、コピーしておきます。



次に、1つの文字の輪郭を任意の太さに変更します。
文字は潰れているけれど気にしない♪



最後に、コピーした文字を上に重ねて完成!



ちょっとしたひと手間で、文字の見栄えがぐんと良くなります。
応用次第で目を引く文字を作成することが出来ますよ!
POP等を作るときにも役立ちますね 


Officeソフトのイメージを変える方法
■2012.04.18 Wednesday■ by:れな先生 
みなさん、こんにちは。れな先生です

最近暖かくなってすっかり春らしくなりましたね。
ぽかぽかと気持ちがよかったので、ぼんやり散歩をしていると春風と共に桜吹雪が!
とても綺麗で感動してしまいました


さて、今回は簡単にOfficeソフトの見栄えを変える方法を紹介したいと思います。

みなさんが普段使っているWordの画面はこんな感じですよね?

この画面を↓このように変更することが出来ます。

シックな感じでちょっとカッコイイですよね


■操作方法(Wordの場合)
[ファイルタブ]-[オプション]で「Wordのオプションダイアログボックス」を表示させる

「Wordのオプションダイアログボックス」の左側の一覧から[基本設定]を選択する

[基本設定]の中の「ユーザーインターフェイスのオプション」の「配色」の下向き三角をクリックして、「黒」を選択する。※既定の設定では「銀」になっています。
これで設定をすることが出来ます。

この配色はOfficeアプリケーション共通で設定されるので、Wordの配色を黒に設定すると、Excelやパワーポイントなどの配色も黒になります。

↓Excel

↓PowerPoint

配色は、「銀」「黒」「青」の3つから選択できるようになっています。
「青」を選択すると↓このような感じになります。

いつもの画面に飽きてしまったら、ちょっと変更すると気分一新!
仕事がはかどるかも!?
ぜひ、やってみてくださいね

1

        

最新の記事

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ハロー!パソコン教室公式サイト

ハロー!パソコン教室 FC本部

東京エクセル物語

ドラマで学ぶExcelの関数
れな先生出演の無料エクセル解説動画も見れるよ! 東京エクセル物語 -私の心の中の関数

れな先生のTwitter

archives

最新のコメント

  • かっこ()の形が自動調整されるのを防ぐ方法
    うなぎ
  • Excelの行や列を簡単に入れ替える裏技
    ねこ
  • 「グラフ」と「図形やテキストボックス」を合体させるワザ
    タカ
  • 空き瓶リメイク♪
    トキムンダ
  • PowerPointで本格的なイラスト作成
    よくある木
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    れな先生
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    チャランコ
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    れな先生
  • Word図形で作成した図を画像として保存する方法
    チャランコ
  • オートフィルタで抽出した値だけを計算する技
    れな先生

リンク

れな先生のプロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode